映画の舞台裏を豪華映像に

http://www.ufotable.com/hf_pkg/index.html

―劇場版『Fate/stay night[Heaven's Feel]』 第一章―
この場での御礼は初めてとなりますが、ご覧くださった皆様ありがとうございました。多くの力と時間、エネルギーを注いで制作した作品です。5.9発売ということで、最高品質の映像体験となるBlu-rayパッケージにてご覧になっていただけばと思います。


今日はアニメーションマテリアルについて。
本特典映像はufotableでご予約の皆様にお届けする映像特典となります。元々は「Fate/Grand Order ×劇場版「空の境界」」映像制作時に派生物として制作したメイキング映像に端を発します。

制作チームとして、素直な気持ちとしては「仕上がりが全てである」 という事で、ずっと変わりはないのですが、映像が生まれるまでの一連の工程を知る中で”映像の奥”に隠された微細なニュアンスや、原画スタッフの意図などを知ることが出来ます。

シークレットパート<間桐桜>
原画/コンテ資料としても

それが作品の新たな発見となって、もっと楽しめてしまう瞬間もあって―そういう舞台裏が私達も好きなのですね。今回、色々なご縁で同じくアニメーションマテリアルを手がけることとなり…どうせなら、思いっきり楽しんでいただける、HF第一章の作品世界に「もう一度どっぷり浸かり直すような」豪華な映像体験をお届けできればと臨みました。
ゲイボルグのワンショット・短いショット内にAからNまでの個別の作画レイヤー層が一瞬で過ぎ去り、更に撮影処理が加わることで宝具のパワー=映像の密度を支えています。

アニメーションマテリアルは全尺で20分を超えています。制作チーム曰く「映画本編と同じくらい大変だった」そうで、様々なショットのブレイクダウンを効果的に、ビジュアル的にも楽しんでいただけるよう手を尽くしました。

<セイバーvsライダー>からのフッテージ
いくつか初お披露目となるフッテージを如何にご紹介しておきますね。

物理演算を利用した蟲群のコントロールの様子


制作チームのお勧めは20分+の一気見です!前述となりますが、もう一度作品世界にダイブするような感覚を目指し、映像と併走する音響効果にもこだわっております。


続きは 製品版にて―どうか、お楽しみ下さい。


ufotable限定特典付きパッケージはこちらから
http://www.ufotable.com/hf_pkg/index.html